教育計画

 

1 学校の教育目標  「豊かな人間性を備えた生徒の育成」

    〇校 訓   『声出せ 汗だせ 知恵を出せ』

2 学校像・生徒像・教師像

 (1)  学校像  〇 明るく躍動感あふれる学校   〇 信頼される学校

 (2)  生徒像  〇 励ましあう生徒(声)     〇 活動(行動)する生徒(汗)      〇 学びあう生徒(知恵) 

 (3)  教師像  〇 生徒に寄り添う教師      〇 試み豊かな教師            〇 自分を語る教師

3 経営方針

 (1) ICTを活用した「学びあい学習」を中心に、お互いに支え合い、磨き合いながら、学力の定着と向上を図る授業づくりをする。                 

 (2)  全ての教育活動を通して、道徳教育、人権・同和教育、特別支援教育、自問教育を基盤とした教育の推進を行い、互いの人権が尊重される、温かな学校づくりを推進する。

 (3)  主体的な生徒会活動、部活動の充実、様々な体験活動を通じて豊かでたくましい生徒の育成を図る。         

4 重点目標

 (1)  基礎・基本を定着させ、自己実現のできる学力を身に付けさせる。

  ア ICTの活用、ティームティーチング、繰り返し学習(ドリル学習)などの授業づくりを行うとともに、評価の工夫改善に努め、きめ細かな指導の充実を図る。

  イ 「学びあい学習」を積極的に取り入れ、共に高まり合う集団づくりを推進する。

  ウ 「書く活動」を充実させ、思考力を深め、表現力を高める活動を行う。

  エ 放課後学習支援タイムを充実するなど、保護者や生徒のニーズを大切にする教育実践を行うとともに、生徒一人一人の興味・関心を中心とした授業改善を行う。

  オ 学習習慣を育成し、授業を大切にする態度を身に付けさせる。

 (2) 道徳教育の充実を図り、心豊かでたくましい生徒の育成を図る。 

  ア 本校の課題にそった重点目標を設定し、年間指導計画の作成を行う。

  イ 特色ある道徳教育推進プロジェクト部会を週1回開催して、全校研修会の計画を立てたり、各学年の授業実施状況を把握したりする。

  ウ 道徳の授業をローテーションTTで行い、全教員で道徳教育の推進を図る。

  エ 清掃の時間を中心に「自問教育」に取り組み、綴る活動を通して自己を見つめる時間をもつ。

  オ 「総合的な学習の時間」等との関連を図り、体験活動を通して深め、議論する道徳を目指す。

 (3) 思いやりの心を育て、差別解消の視点を明確にした人権・同和教育を推進する。

  ア 自尊感情を育み、お互いを思いやる心や将来への展望をもった人間性豊かな生徒を育成する。

  イ 差別の現実に学ぶことを基本理念とし、生徒と共に差別をなくす立場に立つ授業実践を行う。

  ウ 「道徳」「特別活動」「総合的な学習の時間」「学校行事」「教科」等の関連を考え、各学年の年間計画の見直しを行い、学校全体で人権尊重を基盤とした人権・同和教育を計画的に推進する。

 (4)  体験活動を充実させ、表現力やコミュニケーション能力、豊かな言語能力を育成する。

  ア ボランティア活動、福祉体験学習、職場体験学習などを行い、学級では得られない感動を通じて豊かな人間性を養う。

  イ 生徒が主体となって問題解決に取り組む生徒会活動の創造と実践に努める。

 (5) 部活動を充実させる。

  ア 部活動を通して、基本的生活習慣を身に付けた望ましい人間づくりを行う。

  イ 体力の向上や健康の増進を図る。

  ウ 学習と部活動の両立を目指し、達成感や充実感を得る。

 (6)  家庭・地域との連携を深め、信頼される学校づくりに努める。

  ア 積極的に学校の情報を地域に発信する。(Webページの周知や学校新聞「朝雲」の発行)

  イ 教育課題(小中高連携)に対して組織的に連携・協力して取り組む。

  ウ 近隣の幼稚園や企業と連携した防災訓練を実施する。