西条西中学校日記

性的マイノリティについて

西中学校では長年「ハンセン病問題」について学習を重ねてきましたが、昨年度からさらに「性的マイノリティ」に関する学習を加え、人権学習の幅を広げています。

今日は1年1組が「性的マイノリティ」に関する授業で「LGBTQ」について詳しく学びました。

私たちはこれまで一般的に「男」と「女」という二つの性でくくられてきましたが、最近の研究によると人間だけでなく動物の性はこの二つだけではなく、もっと多様であるということが判ってきました。

実際に電通が行った最近の調査では十数人に一人の割合で「性的マイノリティ」の存在が確認されています。

しかし、まだまだ社会がその多様性についての認識不足のため、偏見や差別が厳しい現実があります。

「レズ」「ホモ」「おかま」「おねえ」

これらはいずれも性的マイノリティの方々を傷つける「差別語」であり、使うべきものではありません。

まだまだ社会の方の学習が進んでいないため、マスコミも面白おかしくこれら差別語を平気で使用しています。

我々の日常会話の中でも平気でこれらの言葉を安易に使って人知れず傷ついている方がいることを認識しないといけません。

誰もが幸せに暮らすことができる社会づくりをめざして、これからも学習をしっかり続けましょう(^_^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修学旅行保護者説明会

来月、 11月24日~26日に行われる修学旅行の保護者説明会が体育館で行われました。

年度当初は新型コロナウイルス感染症のために中止も覚悟していましたが、その後の学校再開、国内の感染の推移、gotoトラベル、gotoイートなどの国策等々を勘案し実施の方向で進めることができるようになりました。

まず、最初に学年主任の戸田先生から修学旅行の行程についての紹介があり、その後各担当の先生から準備物や保健関係、持ち物等についての注意事項の説明が順次行われました。

この日は旅行業者にも来ていただき、保護者の皆さんが最も注目している感染症対策について詳細を説明してもらいました。

主たる移動交通機関であるバスはもとより、ホテル、タクシー観光、観光施設等の感染対策について詳しく説明がありました。

その後、質疑応答で保護者からの質問に回答し、不安のない修学旅行を目指してこれからの1か月の準備をしっかりとおこなうことを約束して終わりました。

これから1か月、国内の新型コロナウイルス感染症の推移に注目しながら、一生の思い出になるような修学旅行をめざしてしっかりと準備していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聞こえの集会

 松山ろう学校より今岡先生、河村先生をお招きして聴覚しょうがいについて考える

「聞こえの集会」が行われました。

 講師の今岡先生はご自身が5歳の時に髄膜炎によって聴覚を侵され、まったく音が聞こえなくなったそうです。

 その後、様々な困難を乗り越えて現在に至ったご自分のこれまでの歩みを語っていただきました。

 聴覚に障がいがあると「たまご」「なまこ」「たばこ」の聞き分けがとても難しいことを例に挙げられ

 母音が同じ言葉はとても聞き分けができにくいことに理解が必要なことを訴えられました。

 実際に生徒たちは、ペアで口パクでお互いに3つの言葉を言い比べてみてその難しさを確かめることができました。

 聴覚障がいをもつ方々は外見では全く見分けがつきません。

 そのために昔から周りの配慮が足りず、さらに聴覚障がいへの無理解もあって人知れず苦しんできました。

 障がいは個人が作っているのではなく社会が作っているという観点に立ち、

 これから、誰もが幸せに暮らせる、よりよい社会づくりをめざしていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3校合同人権・同和教育オンライン交流学習会

西条西中、西条南中、丹原東中の3中学校による人権・同和教育オンライン交流学習会」が開催されました。

世の中は新型コロナウイルス感染症のために様々な行事が中止や延期になってしまいました。

しかし、同時にこの新型コロナウイルス感染症に起因する新たな偏見・差別が世の中に蔓延しています。

これを座して見て見ぬフリをするのではなく、果敢にこの問題と向き合う取組に挑戦しました。

西条西中、西条南中はこの10年ずっとハンセン病問題を柱に人権・同和教育に取り組んできました。

そして毎年国立療養所青松園訪問を繰り返し訪問して学習を深めてきました。

しかし、残念ながら今年は入所者の安全と健康維持のために一切の訪問が中止となりました。

また、丹原東中も10年以上に渡って性的マイノリティの課題を中心に学習を深めてきました。

しかし、ここでもコロナのために現地研修ができない状況が続いています。

このように同じ悩みをもつ学校同士が課題を共有し、一緒に解決していこうと意見が一致しました。

そして実現したのが「リモート」による交流学習です。

お互いがこれまでに深めてきた独自の学びを交流し合うことで停滞している人権学習を推し進め、さらに新たな高みを目指そうというものです。

今日の交流学習会では西条西中が今年度推し進め、小地域懇談会で実践報告した新型コロナウイルス感染症対策での学びの中から「感染症の歴史と人権」を発表しました。

発表の後、西条南中、丹原東中の生徒さん達から積極的な質問が出されとても充実した交流学習になりました。

今後は、西条南中の報告、丹原東中の報告と各校持ち回りでこれまでの成果を交換し合います。

とても楽しみになったリモート交流学習会です。

SNSがコロナ禍を期に「誹謗中傷」の温床になっていると批判が出ていますが・・・

SNSを「生かす」使い方ができたと思います(^_^)v

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快挙!!!!!!

快挙!!!!! 日本一です!!!!! ( ^^) _U~~

昨日の愛媛新聞に大きく掲載されましたが、本校3年生の真鍋竜くん

クライミングスピードの部で中学生日本一になりました(*^^)v

しかも、ユースB(14~15歳の部)日本新記録での優勝!!!!

凄いです(*^^)v

来月11月7・8日にはすぐそばの西部公園の石鎚クライミングパークにて

ジャパンツアー第3戦が行われ、さらなる記録更新を狙います。

皆さん、応援よろしくお願いします!!!!

真鍋くん頑張れ~!(^^)!

http://www.ehime-np.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<掲載許可番号d20201012-01>

全校集会

 全校集会が行われ、先日行われた「新人戦の表彰」ならびに「秋祭りにかかわる指導」がありました。

まず、新人戦の表彰です。

 久しぶりに見事決勝に進出し準優勝のサッカー部

バトミントンシングルス2位の菅くん

陸上走り幅跳び2位の加藤くん(同1500m3位)

陸上1500m2位の篠原さん

いずれも県大会出場(朱書が出場者および出場種目)を決めています。

とてもいい顔でステージ壇上にて表彰をうけました。

県大会での活躍を期待しています(*^^)v

 <秋祭りについて>

 表彰式の後、生徒指導の寺川先生から秋祭りについての指導がありました。

残念ながら今年の秋まつりは新型コロナウイルス感染症対策のため中止となりました。

みんな、がっかりしていると思いますが、各自治会では建築技術伝承のためだんじりの建設を行うところもあるようです。

しかしながら、祭り中止の趣旨をよく考え、建設場所等の「三密」になる場への参加はしないようにしてください。

今を大切に今後の祭りの健全な発展のためにも我慢すべきは我慢が大切です。

ご家庭でもご指導よろしくお願いしますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西条市中学校新人体育大会(陸上の部)

まるで抜けるような秋晴れの下、西条市中学校新人体育大会(陸上の部)が

ひうち陸上競技場で行われました。

今回は2年男子1名、2年女子4名、1年女子1名 計6名が出場しました。

苦しい夏場より続けてきた駅伝で鍛えた健脚で1500mには男女5名がエントリー

さらに、なんと女子400mリレーにもエントリーしました。

400mリレーでは接戦の末5位になりましたが、陸上部のない西中がリレーにエントリーするのは過去にあまり例がありません。しかも他校の陸上部相手に手に汗握る接戦を演じたのは立派でした。

選手の皆さん、ご苦労様でした(*^^)v

それでは大会の結果をお知らせします。

男子走り幅跳び 第2位 加藤さん(県新人大会出場)

女子2年1500m 第2位 篠原さん(県新人大会出場)

男子2年1500m 第3位 加藤さん

女子400m(100m×4)リレー 第5位

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デートDV防止出前講座

 人権擁護委員さんたちによる「デートDV防止出前講座」が本校体育館で行われました。

入学式、卒業式等の学校行事での体育館利用はありましたが、外部指導者による講座の

体育館利用は今回が初めてでした。

大きなスクリーンに音響効果抜群のマイク、スピーカー等

新しい体育館の能力をフル活用しての出前講座になりました。

お話しくださった今井人権養護委員さんは優しい口調でとても聞きやすい語りでした。

また、時折動画資料を交えて具体的な場面設定で事例を紹介して頂いたのでとても分かり易かったです。

事後の感想でもとても参考になったと生徒の反応も上々でした。

社会問題にもなっている「デートDV」

好きでつきあっていても、相手を独占しようとしたり、拘束したり、行動を強制することは間違いです。

私たち一人一人が「相手を尊重する考え方、生き方をしなければならない」と強く思いました。

ためになるお話をたくさんしていただけた人権擁護委員さんに感謝ですm(_ _)m 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷見地区小地域懇談会

先日来、西中3小学校区で橘地区、禎瑞地区と順次行われてきた人権・同和教育省地域懇談会のトリを飾り

9月30日(金)氷見地区人権・同和教育小地域懇談会が氷見公民館大ホールで行われました。

この日は新人戦とバッティングしていたため、1・2年生に代わって、3年生が西中の取り組みを紹介してくれました。

昨年も2年生で経験済みだけあって、さすがは3年生です!(^^)!

実に堂々と「貫禄」いや「風格」さえ感じさせる落ち着きぶりで、素晴らしい発表でした!!

3年生の凄みを感じたのは発表だけではありません。

後半のグループ別の話し合いになっても地域の参加者の中に入って堂々と自分の考えを発表してくれました。

西中がこれまで何年にも渡って学習してきた「ハンセン病問題学習」が伊達ではないことを証明してくれました。

 3年生の皆さん、本当にご苦労様でした<m(__)m>

1・2年生の皆さんも3年生に負けない学びをこれから深めていきましょう(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西条市新人大会3日目の結果

先日、延期された屋外競技の結果をお知らせします。

<サッカー>

準決勝 河北中・東予西中・丹原東中に勝利

決勝  東予東中に惜敗

快挙!!!! 準優勝(県新人大会出場)

西中規模で単独チーム(しかも男女混合編成)での決勝進出は凄い!!

日頃の努力の成果を120%発揮できました(*^^)v

オメデト~( ^^) _U~~

 

<ソフトテニス男子>

【個人戦】

 ベスト8 三﨑さん・一柳さん(県新人大会出場)

 県大会で市予選の悔しさを晴らすべく頑張りましょう!!

 

<ソフトテニス女子>

【個人戦】 

 健闘するも県新人大会の出場権獲得には及ばず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西条市新人大会2日目の結果

本日は、天候不良のため、屋内競技のみ実施されました。

屋外競技は、明日実施する予定です。

屋内競技の結果をお知らせします。

どの部も全力で奮闘しましたが、あと一歩!!

夏の総体でのリベンジを期待したいと思います(^_^)v

<剣道>

【男子団体戦】

 2回戦 東予東中に惜敗

【女子団体戦】

 1回戦 東予西中に惜敗

【個人戦】

 男女とも健闘するも県新人大会への出場権獲得には及ばず。

<卓球>

【個人戦】

 健闘するも県大会への出場権獲得には及ばず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、明日は、サッカーが10時半よりひうち陸上競技場で河北・東西・丹原東連合チームと対戦します。

また、ソフトテニス男女が東予運動公園テニスコートにて個人戦を行います。

応援よろしくお願いしますm(_ _)m

西条市新人大会1日目の結果

新人戦、1日目の結果をお知らせします!!!! みんな頑張りました(*^^)v

<サッカー>

1回戦 西条南中に勝利(準決勝進出)・・・明日の戦いに備えてぐっすり休んでくださいね!!!

<軟式野球>

1回戦 丹原西中・河北中に惜敗

<バレーボール>

1回戦 西条北中に惜敗

<ソフトテニス男子>

1回戦 西条北中に惜敗

<ソフトテニス女子>

1回戦 西条南中に惜敗

<卓球>

1回戦 河北中に勝利

2回戦 東予東中に惜敗(ベスト4)

<バドミントン>

男子シングルス 第2位 菅さん オメデトウ(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壮行会

いよいよ新チームになって初めての大きな大会「新人戦」がやってきました。

その新人戦に向け、選手の皆さんを勇気づける「壮行会」が行われました。

各部活の意気込みが発表され、どの部もハキハキと小気味よい決意表明がされました!!

その後、男子ソフトテニス部主将真鍋くんと、女子バレーボール部主将の青野さんによる選手宣誓がありました。

最後に校長先生から新人戦を戦い抜く「極意」が選手の皆さんに伝授されました。

(極意の中身は西中の皆さんだけのヒ・ミ・ツです(^^)/~~~)

いよいよ明日、新人戦の開幕です。

選手の皆さん、日ごろ鍛えた技と力を存分に発揮してきてくださいね(*^^)v

 ガンバレー!!!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

禎瑞地区小地域懇談会

 先日の橘地区小地域懇談会に続いて、昨日は禎瑞地区小地域懇談会が禎瑞公民館大ホールで開催されました。

本校から禎瑞地区の生徒たち5名が学校代表として参加し、地域の方々に「感染症の歴史と人権」について報告しました。

報告の後は小グループに分かれて意見交換を行いました。

禎瑞地区は伝統的に地域を挙げて子育てをしようという機運の高い地域です(^_^)v

生徒たちは一人ずつグループに入っても全く緊張する様子も無く

まるで家族のように活発に話合いに参加していました。

公民館長さんや連合自治会長さん、世話役の髙木さんも、生徒たちの活躍に

自分の孫を見ているかのように優しいまなざしで、とても嬉しそうでした。

これからも地域を挙げて子どもたちの成長を見守ってくれること間違いなしと確信できる

とても有意義な人権・同和教育小地域懇談会でした。

禎瑞地区の皆さん、本当に有り難うございました。

そして、これからも西条西中を宜しくお願いします。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橘地区小地域懇談会

 毎年恒例の橘地区人権・同和教育小地域懇談会が行われました。

今年はコロナ禍のため、開催が危ぶまれていましたが

現在のところ愛媛県内がしっかりと封じ込めができていること

各自治会にバラバラに分かれでではなく、公民館一か所にしぼり、参加者名も確認、掌握して行うこと

短時間で終わること

などの感染対策をしっかりとおこなったうえで 懇談会を開催しました。

今年度はこれまでの西中学校の「ハンセン病問題」への取組をもとにコロナウイルス感染症をはじめ

世の中にある様々な感染症と間との闘いの歴史とそこから学んだことを「感染症の歴史と人権」と題して発表しました。

参加者の方からは「天然痘やペスト、スペイン風邪がどんな病気なのか、とてもよくわかった」

「戦争よりも感染症の方がはるかに犠牲者が多く、人間にとって最大の脅威であるとは知らなかった」

「ハンセン病問題で学んだことがコロナにも生きている」

などの感想が寄せられ、とても充実した懇談会となりました。

今月はあと禎瑞地区、氷見地区でも開催予定です。

こうご期待(*^^)v 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体育大会

 心配されていたお天気も「曇り」で暑くもなく寒くもない絶好の体育大会日和となり

第72回西条西中学校体育大会が盛大に開催されました!!

今年の体育大会はコロナ禍のため、年度当初開催することさえ危ぶまれていましたが、校長会、中体連での話し合いを重ね、例年よりも大幅に縮小し、昼食時の「三密」を避けるため、午前中開催とすることとなりました。

半日開催となったものの、生徒たちはとてもよく頑張り、先生方も生徒につきっきりで指導、応援

時には生徒の演技よりも応援の先生を見ているほうが面白い場面もあり大いに盛り上がりました。

こうして生徒と先生方が一丸となった体育大会はとても半日開催とは思えないような充実したものになりました。

 各学年2クラスしかない小規模校ですが、総力リレーではどの学年も2チームが抜きつ抜かれつのデッドヒートで手に汗握る大接戦。

最終2種目となった全校綱引きも大きな声で3年生が音頭を取って盛り上げ

最終種目の「ムカデ競争」では生徒たちの意気込みも最高潮

3年生は走り終わると毎年体育大会の最後を飾る伝統の「ムカデパレード」

2クラス男女4ムカデが仲良く並んで大きな声で歌いながら運動場を一周しました。

3年生の雄姿に1・2年生、応援の保護者からも惜しみない拍手が送られました。

 本当に素晴らしい体育大会になりました。生徒の皆さん、先生方、保護者の皆様

ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

本日、予定通り体育大会を実施します。

生徒の皆さんは、各自指定された時間に遅れないように登校してください。

お知らせ

<体育大会について>

9月13日(日)に実施予定の体育大会ですが、現在、天候がはっきりしません。

明日の朝6時に判断し、連絡メールとホームページで実施するか延期するかをお知らせします。

雨天のため延期になった場合は、9月13日(日)は、お休みとし、体育大会は翌日、14日(月)に実施する予定です。

なお、テントを設営する自治会は、明日の朝、体育大会実施についての連絡メール送信後に設営をお願いします。

予行演習

 体育大会予行が行われました。

お天気は曇り空で気温もさほど高くなく、生徒たちにとっては上々の天候でした。

開会式から始まり、プログラム通りに一通り生徒の動きを確認しながら

閉会式まで滞りなく行うことができました。

これでいつ本番でも大丈夫(^_^)v

本番が楽しみになってきました!!!!

みんな、ラストスパートで頑張るぞ~(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

現在、西条市に大雨警報が発令されています。

生徒の皆さんは、「警報発令の場合の対応について」のプリントに従い、自宅待機をお願いします。

今後の予定については、連絡メール、学校HPでお知らせします。

全校練習

 いよいよ今日から全校練習が始まりました(*^^)v

初日は「入場行進」「開会式」「閉会式」の練習をしました。

初めてにしては入場行進もなかなかの出来ばえ(@^^)/~~~

しかも昨日とは打って変わって穏やかな曇り空

暑さもそこそこの絶好の全校練習日和でした。

生徒の皆さんの普段の行いが良かったのかも(^^)/~~~

 本番に向け全校一丸となって頑張りましょう!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

 本日は、西条市の気温は9月としては史上最高の36.7℃となり、環境省が発表する西条市の「暑さ指数(WBGT)」<※「℃」で表記されますが、気温ではありません>が、15:00の時点で32℃を超え、運動危険区域の31℃以上を大きく上回ったため、急遽、部活動をミーティングのみとし、早めの下校を促しました。

 今後の体育大会の練習や部活動についても、「暑さ指数(WBGT)」等を参考にしながら、熱中症対策を講じつつ実施していきたいと思います。

 ご理解とご協力をよろしくお願いします。

お知らせ

朝雲(学校だより)9月号を掲載しました。

What is 西条西中学校内 学校だより「朝雲」よりご覧ください。 

全国学力学習状況校内調査

 例年4月に行われていた全国学力学習状況調査ですが、今年度はコロナ禍のため中止となりました。

しかし、問題用紙は全国の各学校に配布され、学校裁量で活用するように通達がありました。

 本日この問題用紙を使って生徒たちが自らの学力学習状況を把握するために問題に取り組みました。

 どの生徒たちも真剣に問題と向き合っています。

 この結果を、自分自身の課題把握と、今後の学びに生きるように活用したいと思います。

★明るい話題★

 コロナのせいで暗い話題の多い昨今ですが、超めでたい話題をお送りします!!!!

先週金曜日8月28日夕方、教頭先生に初孫が誕生しました!!

オメデトウございます(^_^)v

さらに

先週土曜日8月29日夕方、校長先生に4人目の孫が誕生しました!!

ダブルでオメデトウございます(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テストの様子

26日、27日と3年生は実力テスト、1,2年生は確認テストが実施されます。今日は、その様子を掲載します。短い夏休みではありましたが、「夏休みの生活記録」を利用して、計画的に学習した成果を発揮してください。


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

第2学期始業式

 史上最短の夏休みが終わり、今日からいよいよ2学期がスタートしました。

 体育館で行われた始業式は1学期の終業式に引き続きフロア全面に広くソーシャルディスタンスを確保し、校歌斉唱も割愛しての短縮でしたが、校長先生からは式辞(下記掲載参照)で2学期の各行事への期待やコロナウイルス感染症に対して「正しく恐れる」ことでコロナを予防すると共にコロナに関わる偏見・差別に3年生を中心にしっかりと闘って欲しいとの激励がありました。

 また、生徒代表の伊藤さんからは校長先生の式辞に呼応するように2学期の行事や部活動での頑張りを約束し、堂々とした態度で決意の言葉が発表されました。

 始業式後の職員室では「1年生が1学期よりもずいぶんたくましくなったね!」

「真っ黒に日焼けして中学生らしく成長したみたい」という言葉があちこちで聞かれました。

 まだまだ残暑厳しい日が続きそうですが、校訓「声出せ、汗出せ、知恵を出せ」を念頭にコロナウイルスを「正しく恐れ」ながら皆が知恵を出し合い、2学期を思い出多きものにしていきましょう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快挙!学年別ソフトテニス大会個人優勝

快挙です!

8月19日(水)東予運動公園テニスコートにて学年別ソフトテニス大会が開催され

1年生の部で曽我部天・田中大喜ペアが優勝しました。

1年生の夏休みのデビュー戦での優勝はすばらしいことです。

特にこの時期は1年生は「ジュニア」と言って小学校からの経験者にまったく歯が立たないことがほとんどなのですが・・・

予選リーグ、決勝トーナメントも決勝以外はすべて4:0のストレート勝ち

決勝はさすがに接戦となりファイナルゲームにもつれこみましたが、結局7:3で押し切りました。

2年生は残念ながら今回は上位に残ることはできませんでしたが「捲土重来(けんどちょうらい)(まえに敗れた者が、いったん引きさがって勢いを盛り返し、意気込んで来ること。)

次回の巻き返しを期待しますね。

ものすごい暑さが続く夏休みもあと1週間をきりました。

どの部も酷暑に負けないで頑張りましょう(*^^)v

生徒会リーダー研修 <リモート研修にも挑戦!!>

毎年恒例の生徒会リーダー研修が行われました。

この研修では毎年2学期に目白押しの体育大会や文化祭などの学校行事への生徒会の取組を話し合います。

今年はこれに加えて、今回、初めての試みとして「リモート研修」が行われました。

これは今のコロナウイルス感染症による行事の縮小をなんとか食い止める新たな取組を模索する中で生まれました。

丹原東中生徒会とネットで結ぶことによってお互いの意見を交換し合うというものです。

 去年までなら思いつきもしなかったことですが、コロナ禍がもたらした「発想の転換」によるものです。

 今回は西中がこれまで長年に渡って取り組んできた「ハンセン病問題」の学びを丹原東中に紹介し、質問を受けるものでした。

西中生徒会のメンバーが入れ替わり立ち替わりこれまでの取組を昨年の大島青松園訪問を中心に紹介しました。

紹介後、丹原東中からは次々と質問が寄せられ、一つ一つに対して丁寧に西中の生徒会メンバーが答えていきました。

とても充実したリモート研修になりました。まさに「災い転じて福となす」

これからは過去の事例にとらわれない「発想の転換」が必要な時代になることを見事に体現してくれた両校の生徒会に拍手です(^_^)v

次回は丹原東中がこれまた長年に渡って学びを深めてこられた「性的マイノリティ」に関する取組を西中に紹介してもらえることになっています。

楽しみ!楽しみ! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教科研修会

生徒の皆さんは夏休みでも先生たちは休みではありません!

先日市内各校に教科ごとに分かれて「教科研修会」が行われました。

本校では「社会科」の教科研が開催されました。

砥部の教育センターから指導主事の先生が来校され

来年度から新しく始まる教育課程における評価について講義を受けました。

どの先生方も真剣そのもの

とても有意義な研修になったようです。

お疲れさまでした(*^^)v

交流大会陸上の部

本日、交流大会陸上の部がひうち陸上競技場にて行われました。

本校からは2年生の加藤くんが参加しました。

走り幅跳びで4m86cmを跳び2位に入賞

1500mでも5分1秒14のタイムで3位に入賞しました。

立っているだけでも汗が噴き出るような猛暑の中よく頑張りました(*^^)v

入賞オメデトウゴザイマス!!

 

人権ポスター作製!!!!

毎年夏休み恒例の氷見交友会館での人権ポスター教室が開講されました。

希望者によるもので、氷見在住の美術講師 近藤恭司先生に指導をお願いし3日間で構図から彩色、標語の入れ方等を丁寧にレクチャーしていただきます。

交友会館という人権教育の拠点で行われることに意義のある教室です。

美術の先生だった近藤先生のご指導は的確で生徒たちも真剣そのものです。

聞くところによると近藤先生は校長先生が西中学校3年生のときの担任だったのだそうです。

開講日は校長先生自ら近藤先生のアシスタントとしてお手伝いをしてくれました。

恩師と教え子の関係は何十年たっても変わらないようです。

この3日間のご指導をもとに夏休みでポスターを仕上げます。

いい作品になるといいですね(*^^)v

 


 

愛媛県卓球選手権大会(カデットの部)西条地区予選

 卓球の県大会市予選がひうち総合体育館で行われました。

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言以降、どのスポーツも大会が中止や延期を余儀なくされていましたが

「3密」を避け、「正しく恐れる」ことで感染予防が図れるという意識が一般にも浸透した結果、様々な大会が復活しつつあります。

今回の大会では2年生の宮下さんがベスト8に進出し、見事県大会進出を勝ち取りました。

宮下さんは8月30日に松山コミュニティセンターにて開催される愛媛県卓球選手権大会に出場します。

ガンバレー(@^^)/~~~

ほかの部活のみなさんも暑さに負けないで頑張ってくださいね~(*^^)v 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅伝練習始まる!!!!

 コロナのせいで例年よりも10日遅れの夏休み(*_*;

そして毎年恒例の夏休みの西中風物詩「駅伝練習」が今日から始まりました(*^^)v

今年は若い先生が増えたせいか、部活で参加するところが多くなり

例年よりも走る生徒の数が大幅に増えました。

集合した時にこんなに大人数になるとは・・・

でも、にぎやかなことはいいことです(*^^)v

 「特設駅伝田んぼコース」を元気にグループ別に時間差でスタートします(@^^)/~~~

 これからひと夏走りこむと見違えるように体力がつき、たくましい中学生に変身します('ω')ノ

保護者の皆様もどうそ応援よろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終業式

 西中の70有余年の歴史上最も長かった1学期が本日終わりました。

梅雨明けと共にやってきた猛暑の中、全校生が体育館いっぱいにソーシャルディスタンスを確保して

第1学期終業式がおこなわれました。

まず、校長先生の式辞では新型コロナウイルス感染症対策に追われた1学期の苦労の数々があげられました。

そして、そんな数々の苦労を乗り越えて社会全体を覆う自粛ムードを吹き飛ばす

3年生を中心とした生徒の皆さんの活躍が紹介されました。(下記式辞参照)

また、生徒代表の言葉では、2年生の宮下さんが1学期を振り返って次の3つの頑張りを述べました。

 ① 新型コロナウイルス感染症対策  ② 勉強  ③ 部活

さらに、2学期の体育大会、文化祭への期待と共に日々、足下を見つめ

「凡事徹底」を忘れないと締めくくる素晴らしいスピーチでした。

 いよいよ明日から西中史上最も短い3週間の夏休みになります。

たとえ短くても一日一日を有意義に過ごして

自分史上最も中身の詰まった夏休みにしてくださいね(^_^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保護者懇談会 梅雨明け

本日は1学期の保護者懇談会が行われました。

そして、いよいよ待ちに待った「梅雨明け」です!!

すっかり空は一気に入道雲立ち上がる「夏空」モードになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、懇談中の教室はどこもエアコンが効いて大丈夫でしたが

順番を待つ保護者の皆さんの座っている廊下の暑いこと暑いこと・・・

そこで、せめてもの気分転換に「涼感あふれる画像」を贈ります(^_^)v

西中の校舎1階廊下に飼育しているグッピーです!(動画でどうぞ!!)

この暑さどこ吹く風で水槽を泳ぎ回る魚たちの涼しげなこと(^^;)

この姿を見ているとついついうらやましくなってしまいますね~(*^_^*)

さあ、あと1学期も残すところ終業式の明日1日だけとなりました。

西中の70有余年に渡る歴史の中で最も長い1学期でした。

本当に、生徒の皆さんよく踏ん張りました!!!!

あと1日頑張ろう(^_^)v

西条農業高等学校 出前授業

 先週、交流大会を終えた3年生にとってこれからは本格的に進路と向き合わなければならない時期となります。

本日はその先陣を切って西条農業高等学校の生徒さんたちが学校紹介を兼ねて「出前授業」に来校してくれました。

引率の先生のお話も大変分かり易く、さらに年齢の近い先輩方の学科紹介や授業説明はどれも新鮮でした。

学科再編を経て今、西条農業高校は新たな取り組みに積極的に挑戦していることがよくわかりました。

「農業」という言葉だけではとても説明しきれない幅広く、深い内容に圧倒されました。

食農科学科では「GAP」(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)という公式な規格を取得し、最新の水耕栽培施設で栽培した作物(サラダ菜、ミツバ、ホウレンソウ、ミズナ、ミブナの5品目)を市場に出荷しているそうです。

生活デザイン科ではコロナ禍によって需要の減少したお花の生産を応援するために農林水産省が主催する「花いっぱいプロジェクト」に参加し、フラワーアレンジメントに挑戦しました。

また、和服の大切な原料である「木綿」と「絹」の生産過程を紹介してくれました。木綿の原料である「綿」が綿花という植物の「花びら」であることや、絹の原料が「蚕(かいこ)」のはき出す繭の糸であることなどを知ることができました。

環境工学科では、田んぼや畑の耕地整理に欠かせない測量や圃場整備のための土木技術、西中が長年お世話になってきた加茂川の水中生物調査、庭造りやコンクリート作業などを学んでいて、我々にとってとても身近なことが多いことがわかりました。

 とても具体的に紹介していただき、あっという間の一時間でした。

 これからの生徒たちの進路選択にとってとても有意義な時間を過ごすことができました。

西条農業高等学校の先生方、生徒の皆さん、本当に有り難うございましたm(_ _)m 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西条市中学生交流大会

3年生にとって最後の大会となる「交流大会」が市内各地に分かれて開催されました。

当初はコロナウイルス感染症対策のために県総体が中止となって共に市総体も中止となるところでしたが、

校長会や中体連はじめ関係する誰もが「3年生のために是非晴れの舞台となる代替の場を!」

という共通認識で一致し、議論に議論を重ねてやっと開催が可能になったものです。

どの種目もどの会場でも3年生の必死の姿がすがすがしく、とても印象に残りました。

この交流大会の経験が、これからの3年生の人生にきっとプラスになってくれるものと信じています。

それでは、各会場の様子をのぞいてみましょう(^_^)v

 

 ソフトテニス男子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトテニス女子 <個人3位入賞>大接戦をよく勝ち上がりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 野 球

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バドミントン <個人3位入賞>よく頑張りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 卓 球<シングルス優勝> オメデトウ (^_^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バレーボール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西条市中学生交流大会(3日目)

西条市中学生交流大会3日目の結果をお知らせします。

今回は、雨のため順延されていた野球の結果をお知らせします。

<野球>

2回戦 河北中に惜敗

西条市中学生交流大会(2日目)

西条市中学生交流大会2日目の結果をお知らせします。

野球は雨のため順延になりました。

<卓球>

女子シングルス 優勝 美濃さん

<ソフトテニス>

女子個人 第3位 秋山さん・玉置さん

西条市中学生交流大会(1日目)

西条市中学生交流大会(1日目)の結果をお知らせします。

<サッカー>

1回戦 河北中に惜敗

<バレーボール>

予選リーグ 2敗(決勝トーナメント進出ならず)

東予東中に惜敗

東予西中に惜敗

<ソフトテニス> 

【男子】

1回戦 西条北中に惜敗

【女子】

1回戦 西条南中に惜敗

<卓球>

1回戦 東予東中に勝利

準決勝 西条東中に惜敗

<バドミントン>

男子シングルス 第3位 菅さん

 

 

箏の調べ

 今週末、各部活動の3年生の締めくくりとなる「交流大会」が実施されます。

それに先駆けて、箏曲部による「箏の調べ」が18日(土)午後2時から新体育館にて行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは例年氷見交友会館で地域の方々も招待して盛大に行われてきた西条西中の伝統行事です。

今年度はコロナウイルス感染症対策のため、本校体育館で保護者と教職員のみの鑑賞で簡素に開催されました。

そして、3年生にとってはこれが交流大会同様、最後の発表の場となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さくら変奏曲」からはじまり

「夏祭り」

「カノン」

「千本桜」

「ありがとう」

と次々と演目を変え、練習の成果を十二分に発揮しながら演奏会は進んでいきました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしていよいよ最後の曲は・・・

 一青窈さんの熱唱で有名な「ハナミズキ」でした。

  この曲は顧問の眞鍋先生の紹介によると2001年9月11日アメリカで起こったニューヨークの世界貿易センタービルが崩壊するなど日本人24人を含む3000人もの罪もない人々が犠牲になった同時多発テロにショックを受けた一青窈さんが犠牲者の鎮魂を込めて作曲したものだそうです。その紹介を知った上で聴くハナミズキはこれまで何気なく聞いていた時とはまったく違った曲に感じました。

 さらに鑑賞していた誰もが驚かされ、同時にこの曲に花を添えたのが顧問の眞鍋先生のクラリネット演奏でした。

 最初から箏の横に立てかけられていたクラリネットを見て、鑑賞している誰もが不思議に思っていたそうです。

 曲紹介の後、眞鍋先生がクラリネットをおもむろに手に取り、演奏席に着きました。

 鑑賞者の誰もがあっけにとられる中、始まった「ハナミズキ」

  しかし、眞鍋先生が吹くクラリネットは子どもたちの弾く箏の調べに違和感なく・・・、

  いや、むしろピッタリと溶け込み、不思議なことにその音色はまるで一青窈さんの歌声のようにさえ聞こえる

 情感あふれる「ハナミズキ」となりました。

 

 本当にこの日のフィナーレを飾るにふさわしい素晴らしい演奏となりました。

  思わず涙があふれそうになるのを必死で我慢していた保護者や先生たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、「箏の調べ」は、参加した誰もが心洗われる素晴らしい発表会となりました。

 箏曲部の皆さん、本当にご苦労様でした。

 そして素晴らしい演奏を有り難うございましたm(_ _)m

 

 

 

ハンセン病問題学習会

 本日の総合的な学習の時間は全校で「ハンセン病問題学習」に取り組みました。

今年度はコロナウイルス感染症の拡大により毎年恒例であり、西中の人権・同和教育の大切な柱の一つだった

「大島青松園訪問」ができなくなりました。

しかし、だからといってこの問題への取組を停止するわけにはゆきません。

「差別に休みはないのです!!」

そこで私たち西中はこの課題克服のためにつぎのような新たなプロセス」を構築しました。

それは昨年度青松園を2度に渡って訪問し、2度目の訪問では西中校区内の3小学校の5年生たちを案内して回った

3年生の力を借りることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5時間目は3年1組が2班に分かれて1班が体育館で1年1組を2班が武道場で1年2組に対してハンセン病問題の基礎基本と大島青松園巡りのレクチャーをし、その後質疑応答を行いました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6時間目は3年2組が2班に分かれて1班が体育館で2年1組を2班が武道場で2年2組に対してハンセン病問題に対する入所者の願いと大島青松園巡りのレクチャーをし、その後質疑応答を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって、次々と湧き起こってくるコロナ禍に対してどのようにして問題解決を図って行くかが、

これからの私たちに課せられた課題だと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、3年生は下級生を前にして初めのうちは若干緊張気味でしたが、徐々に場慣れし堂々とした発表でした。その後の質疑応答でも1・2年生からの質問に的確に答えることができていました。

さすがは3年生、本当に頼りになります(^_^)v 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お陰で青松園に行けなかった2年生、そして授業開きの1年生も確実に学びを進めることができました。

どの学年も真剣な学習ご苦労様でした(^o^)v

初めての全校集会!!!!

 本日、今年度初めての全校集会がありました。

これまでコロナ対策もあり集会活動も自粛していました。

しかし、集団生活をする上でやはり全校集会はなくてはならないものです。

そこで広い広い新体育館一杯にソーシャルディスタンスを確保して全校集会を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、生徒指導主事の寺川先生が最近の学校生活の中でちょっとしたスキができていないかという注意喚起を行いました。

「転ばぬ先の杖」という言葉があります。今、西中に特に大きな問題が起きているわけではありません。ただ、知らず知らずのうちに少しずつ少しずつ、じわじわと時間、服装、言葉遣いなどのけじめが付きにくくなっているのではないかと生徒の皆さんに問いかけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、校長先生からは1週間後に迫った総体予選の代替大会である交流大会にむけて「気構え」「心構え」について全校生に向けアドバイスがありました。

 寺川先生の注意喚起とピッタリあてはまる内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 部活動の練習時間には限りがあるし、市内各校の練習時間はほぼほぼ同じです。

 では、どこで差が付くのか?その答えは普段の生活の中にあるのです。

 試合中に一瞬でどこにパスをするのか、どこを狙ってアタックするのか決断し、きわどいボールを見極め、攻め時を見逃さない。それら判断を間違わないためには感覚を研ぎ澄まさなければなりません

 そのために普段から生活のスキを無くしていく必要があるのです。

 生活のスキとは・・・

 ★靴ひもがほどけていても気にならないこと

 ★授業中の姿勢が悪いこと

 ★スカートの吊りひもが肩から落ちていても気にならないこと

 ★シャツが出ていても平気なこと

 ★教室や身の回りにゴミが落ちていても気にならないこと

 ★時間が守れないこと

 ★先生に対して友達のようなタメ口をつかうこと

 これらのことがいくつか思い当たる人は隙だらけの生活をしていることになります。

 隙だらけの人が正確なパスなどできるはずがありません。

 そんなスキをなくすために大切なことが「凡事徹底」なのです。

 県優勝を何度も経験した校長先生ならではの大切なアドバイスに全校生がしんと静まりかえり集中して聞き入っていました。

 この聞く姿勢こそがスキの無い生活の最初の一歩だと感じた良い全校集会になりました。 

人権・同和教育校内研修

 人権・同和教育校内研修が行われました。

これは子どもたちに差別解消の力を育成することと教師の確かな授業力養成のために行われているものです。

学年別に課題を設け、若い先生たちが焦点授業を行い、全校体制で研修しました。

1年生・・・「決心」という資料を使っていじめ問題に取り組みました。

2年生・・・「このままじゃだめだ」という自作資料を使ってコロナ問題に取り組みました。

3年生・・・「ある先輩からの手紙」という資料を使って部落問題に取り組みました。

いずれも1年目2年目の若い先生方が授業に挑戦し、ベテランの先生方がサポートして深まりのある授業実践となりました。

今年度は、11月に愛媛県人権教育研究大会と東予地区人権・同和教育研究協議会という二つの大きな研究会があり、いずれも本校が実践発表することになっています。

これまでのハンセン病問題への真摯な取り組みに今年度の新たな取り組みを合わせ自信をもって発表できるようにさらに研修を深めていきたいと思います。

応援よろしくお願いします。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 1年生・・・「決心」

 

 

 

 

 

 

 

 

 2年生・・・「このままじゃだめだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年生・・・「ある先輩からの手紙」 

お知らせ

現在、西条市内に大雨警報が発令されています。「警報発令の場合の対応について」のプリントに従い、自宅待機をお願いします。

なお、今後の予定については、連絡メール、学校のホームページでお知らせいたします。

お知らせ

現在、西条市内に大雨警報が発令されています。「警報発令の場合の対応について」のプリントに従い、自宅待機をお願いします。

なお、今後の予定については、連絡メール、学校のホームページでお知らせいたします。

お知らせ

現在、西条市内に大雨警報が発令されています。「警報発令の場合の対応について」のプリントに従い、自宅待機をお願いします。

なお、今後の予定については、連絡メール、学校のホームページでお知らせいたします。

お知らせ

朝雲(学校だより)7月号を掲載しました。 

What is 西条西中学校内 学校だより「朝雲」よりご覧ください。

3年実力テスト

3年生は先日の期末テストに引き続き、今日から「第1回実力テスト」です!!

いよいよ3月の入試に向けて本格的な進路の取組が始まります。

この実力テストは中間・期末テストと違って、中学校1年の時に習った内容から始まる総合的な内容で、とても範囲が広いものです。

もちろん、初めは中1の内容から始まって、徐々に範囲が3年間全体に広がっていきますが、範囲の狭い中間・期末テストと違って「付け焼き刃(その場しのぎという意味)」な勉強では歯が立ちません。

日頃からコツコツと地道な学習を重ねていないと結果が伴わない厳しいテストです。

過去の先輩たちも皆、その厳しさを乗り越えて自分の進路を切り開いていきました!

3年生もテスト中様子を見てみると真剣そのもの!!

きっとこの厳しさ乗り越えてくれるものと信じています(^_^)v

フレーフレー!!3年生

ファイトファイト!!3年生

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期末テスト

 いよいよ第1学期の期末テストがはじまりました。

一年生にとっては初めての定期考査となります。

小学校とは違ってしっかりとテスト対策をしていないとなかなか問題はとけないかも( ゚Д゚)

巡回してみると、どのクラスの様子を見ても真剣そのもの!!!!

きっと頑張った成果がでることでしょう(*^^)v

 月曜日からは結果が続々と帰ってきます。

 自分を振り返るいい機会にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

 8時11分に大雨警報が解除されました。生徒の皆さんは、金曜日の1校時と2校時の授業の準備して、安全に気を付けて9時40分までに登校してください。なお、給食がありませんので、12時頃下校の予定です。

梅雨の珍客(常連客?)

いよいよ梅雨も本格的になってきました。

今日から西中は期末テストのテスト期間に入り、部活動も停止です。

時間を有効に使ってしっかり学習を進めてください。

というわけで今日は生徒以外の話題を(*^^)v

学校の周りの農地が次々と水をたたえ水田に姿を変えていく様子を先日お伝えしましたが、今日は最近ことのほか増えてきた珍客を紹介します。

これは、西条西中学校に転勤してきた先生方が毎年一様に驚く珍客です。

珍客というよりも正確には「常連客」といったほうが良いかもしれません。

毎日1階の廊下、職員室、体育館前渡り廊下、靴箱、技術室等に出没し、時にどうやって上ってきたのか4階のベランダに顔を出すことも((+_+))

それは何を隠そう「カニ」(通称「弁慶蟹」)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校の周りをぐるりと水田に囲まれ、縦横無尽に網の目のような水路が通る環境のためでしょうか???

たまに職員室に迷い込み、足元で何かゴソゴソするな~と覗いてみると、そこにでっかい弁慶ガニが・・・(@_@)

初めての人は「ぎゃっ!」と驚きますが、慣れてくると優しく外へ誘導してやれるようになります。

なぜ、わざわざ餌も水もない校舎の中に入ってくるのか謎ですが・・・

本校の夏の風物詩となっています。

そんな自然一杯の西条西中は生徒たちも日ごろから生き物にやさしい心がはぐくまれているようです。

備えあれば憂いなし!!!

本日10時に「Jアラート」

いわゆる「全国瞬時警報システム」の一環としての「防災訓練」がおこなわれました。

授業中ではありましたが、市内一斉に学校や公民館等の放送機器を通じて「jアラート」が伝達され

それに呼応して各教室の生徒、先生が一斉に机の下に潜り込み一次被害防止の姿勢を取りました。

今日の訓練はここまででしたが、どのクラスも漏れなくしっかりと被害防止の姿勢がとれていました。

全校生が誰一人いい加減な態度をとらず、きちんと机の下でじっとしている姿に

「備えあれば憂いなし」という言葉が浮かんできました。

コロナに限らず、交通事故や、天変地異はいつ起こるか分かりません。

「自分には関係ない」と考えてしまいがちですが、そうやって日頃の備えを怠ったがために

危機に際してなすすべがなかった地域や人が沢山います。

常に危機意識をもって本気で備える姿勢がいざというときに自らを助けます。

そんな危機意識の高さを感じることのできた今日の「jアラート」でした(^_^)v

内科健康診断

本日は学校保健安全法で定められている定期の「内科健康診断」でした。

コロナウイルス感染症による臨時休業のため延期になっていたものです。

学校再開になったとは言え、コロナに油断は禁物!!!!

昨日も東京で47人の陽性者が確認されたところです。

(終息宣言をした中国でも北京で陽性者が急増しているとの情報も・・・)

ワクチンができるまでは、いつ、どこで、誰が陽性者となるかわかりません。

内科検診時も順番待ちはきちんと並び、無言で読書という対策です!

ここでも西中生の真面目さが最大の予防効果を上げています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨到来!!!!

 先週明けに梅雨入り宣言のあった四国地方ですが、それからあまり雨がふらず30度を超える「真夏日」になるなど梅雨らしくない日々が続いていました。

 しかし、今日は生徒たちが登校した後、9時ごろからまとまった雨が降り始めました。(濡れなくてよかった・・・)

 ついに「梅雨到来!!!!」といったところでしょうか?

 校舎からふと目をやると、学校の周りの農地はつい先日まで「麦秋」の季語にぴったり(初夏なのに秋とはこれいかに?)の黄金色の麦に一面覆われていたはずだったのに・・・

 いつの間にか蕩蕩と水をたたえる水田に様変わりしています。

 見渡す限りの農地がみごとに耕され、水を張り、田植えの準備が一枚一枚整いつつあります。

 何百年かわらぬ人の営みを思い起こさせられる癒やしの風景です。

 西中はこの校舎の周りの水田のお陰で梅雨時分、他の中学校よりもとても涼しい日々を過ごすことができます。

 これを「天然の水冷クーラー」と昔から呼んでいます。

 瀬戸内の海まで延々と何㎞も続く水の張られた水田の上を駆けて校舎に届く風は「気化熱」の作用によって冷涼な空気となっているのです。

 風のない日はそれこそエアコンに頼らなければならないときもありますが、少しでも風があればエアコンなんて必要ありません。窓を全開にしたら肌寒いほどの冷涼な風に「3密」も気にせず、                       換気と冷房の一石二鳥

 日々の学業に集中して勤しむことができています。

 自然の恩恵と地域の方々の営みに感謝ですm(_ _)m

 

お知らせ

朝雲(学校だより)6月号を掲載しました。What  is  西条西中学校内 学校だより「朝雲」よりご覧ください。

故きを温ねて新しきを知る!!

昨日、新体育館建設に伴う新しい学校の風景を紹介しました。

 昭和世代にとっては校舎も体育館も自転車置き場も新しいものになってしまいましたが・・・

 唯一、今もなお西中に昭和の面影をのこす建物があります。

 それが・・・

 「プール」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  このプールの歴史は古く、県下の中学校でも最も早い時期の昭和36年に落成しています。(白黒写真当時)

 当時、校区の3小学校には一つもプールがありませんでしたから、毎年西中まで小学生が泳ぎに来ていました。

 本校出身の校長先生もその経験があったそうで、「行きは良いよい(*^^)v、帰りは地獄((+_+))」だったそうです。

 氷見小から西中へ行くときは「プールで泳げる~!」と遠足気分でみんなルンルンでしかも道は下り坂のらくちんルート

 スキップしながら西中に到着すると急いで着替えてプールにドボン!!!

 みんな全力ではしゃぎまわって泳いでいたそうです。

 しかし・・・

 帰り道、行きは下り坂でらくちんだったその道がそのまま上り坂、しかも炎天下でプールで全力を使い果たしています。

 一歩一歩のつらいことつらいこと(ToT)

 まさに地獄の行軍だったそうです。

 いまではどの小学校にもプールができてそんな光景もなくなりましたが、昭和世代にとってはなつかしい思い出です。

 そんな歴史あるプールに付属して部室があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 古いけれども今でも部活には欠かせない道具置き場

 ふと覗いてみると、整理整頓されたテニス部の部室の壁に掛けられた大きな布地

 なにやら文字が書いてあります。

 

 「平成12年度 第12回都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会出場記念 贈西中ソフトテニス部OB」

 2000(平成12)年に新人戦県大会で団体優勝したソフトテニス部のメンバーが愛媛県代表に選出され

 都道府県対抗という三重県伊勢市での全国大会に出場した時にOBから寄贈されたテントに揮毫されたものを

 記念に部室の壁に飾ってありました。

 なんと、これ20年前に校長先生がソフトテニス部の顧問をしていた時のものだそうです。

 校長先生もまさか、今でもこんなに大切にされているとは思ってもみなかったそうで、とてもうれしそうでした。

 

昨日、今日と西中の施設を紹介しましたが、施設の一つ一つに昭和、平成、令和と歴史と伝統に加えて、新たな未来を感じさせてくれるものです。

 

新・学校の風景(*^^)v

  新体育館の建設も本体工事は終わり、あとは第3期工事といわれる旧体育館跡地の駐車場工事と中庭のアスファルト舗装工事を残すのみとなりました。

 体育館工事が始まる前と今とではまるで別の学校のようになった西条西中です。

 今日から少しずつ新しい学校の様子を紹介したいと思います。

 まずは新体育館周辺です。

 体育館は以前もお知らせしましたが、旧体育館の1.5倍の規模となり、内部設備もシャワートイレ、シャワー、更衣室、授乳室等が完備された「愛媛県一」の学校体育館となっています。

 自転車置き場は校舎南側にあったものを中庭中央に移転しています。とても便利になりました。

 そして、旧体育館跡は広々とした駐車場になる予定です。これも今まで駐車場不足に泣かされていた西中の歴史にとって画期的なことです。

 これからは修学旅行や総体もバスが学校敷地内に入って乗降できるのです。(西部公園まで歩いていたのが懐かしい)

 本当に、これまでよりもかなり使い勝手の良い校舎配置になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<新体育館・・・でかい!!!まるで要塞です(@_@)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<中庭に移転した自転車置き場・・・便利になりました>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<旧体育館跡地・・・広い駐車場になりました!>

※ 夏休み中に舗装工事の予定です(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<校訓碑・・・撤去された東門庭園から移転しました>

 ※ 国旗掲揚台とセットになりました

 

朝ドリルの様子

学校再開から1週間が経ちました。

 本日は、日頃の生徒たちの学校での様子をお伝えします(^_^)v

これは朝のドリル風景です。

誰一人席立ちするでなく、おしゃべりするでもなく

「三密」にならないように窓を開けて風通しをよくし、机間も1m以上あけて

しっかり集中してドリルに取り組んでいます。

西中生の「まじめ」さがコロナ対策に生きています(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

<3年生>

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 <2年生>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <1年生>

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感謝!感謝!!

先日、西条青年会議所(JCI)から西条市内の全小中学校に手指の消毒用アルコールジェルが寄贈され、

市教委からも一人あたり20枚のマスクが配布されました。

国の布マスクはなかなか届きませんが、地方公共団体や地域の有志の動きは小回りが利いて早いです。

本当にありがたいことです。

アルコールジェルは学校の各所に配置し、マスクは明日全校生徒に配布します。

有効に活用してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日から学校再開となりました。

「普通」に授業、給食ができる喜びを感じています。

今日の給食メニューもとてもおいしかったです。

と言っても「3密」には十分配慮して感染防止に努めてまいりたいと思います。

保護者の皆様もご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします<(_ _)>

 

 

 

学校再開に向けて!!!!!

来週5月25日(月)から「学校再開」の予定です。

同時に給食も再開の予定です。(感染状況によっては変更もあります・・・)

学校では給食再開に向け、「三密」をさけ、安全に給食が実施できるように先生方がいろいろ工夫してくれています。

手洗い場の床にも不思議な2本の線が・・・

これは順番待ちの待機場所を表しています。

養護の先生を中心に、すべての手洗い場に目印をつけてくれました。

 ご家庭でも次の動画にありますようにしっかり手洗いの習慣をつけていってください。

手洗いは決して馬鹿にしてはいけません!!

100年前のスペイン風邪で全世界で一説には数千万人の死者が出た(第1次世界大戦中のため敵対国に対し不利な情報を出さないために正式な死者数が公表されなかった)といわれていますが、当時もマスクは誰もが着用していたのに「手洗い」の習慣がなかったために流行を抑えられなかったと言われています。

飛沫感染よりも手指についたウイルスが目を触ったり、物を食べる際に口に入って感染することのほうが多いそうです。

ただ気を付けてほしいのは「水洗いだけではウイルスは除去できない」ことです。

せっけんを使って(できれば液体せっけんが良い、固形せっけんは複数の人が使うとウイルス感染の媒体になりやすいため・・)動画にあるように手指の隅々まで洗い残しの無いように丁寧に洗ってください。

子どもたちだけでなく、家族の皆さんも習慣づけないと感染を防ぐことはできません。

大切な家族を守るため、ご協力のほどよろしくお願いします<(_ _)> 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(厚生労働省ホームページより)

学校再開に向けて!!!!!!!

分散登校1週目が最終日を迎えました!!

 生徒の皆さんも徐々にもとのペースを取り戻しつつあるようです。

先生方もそれぞれが学校再開へ向けて各担当部署で頑張ってくれています。

 今日は、その中からまず図書室を紹介します。

 図書室に入ってみると、ずらりと机の上に広げて並べられたたくさんの本が目に飛び込んできます!

「なんだろう?」とつい置かれた本をのぞき込んでしまいたくなる工夫を図書担当の先生がされています。

 これまで以上に生徒の皆さんの読書欲をそそる図書室にバージョンアップしています。

 

 

 

 

 

次に運動場に行ってみます。

 なにやらグランドに波紋のような模様がいっぱいひかれています。

 車で何週もH鋼を曳いた後です!

 体育の授業でも部活でも何十日も使われなくてぽつぽつと草が生えてきつつあったグランドをH鋼を車で何周も引いて整備してくれている先生がいます。

 

 

 

 

 

 

さらに運動場の周りを見てみます。

 初夏を迎え、ものすごい勢いで伸びてきた雑草が見事に刈り取られています。

 毎日毎日草刈り機を肩にかけ、汗だくで刈り取ってくれた先生たちがいます。

 これで部活が始まっても草に隠れたボール拾いに困ることはないでしょう(*^^)v

 

 

 

 

 

 一度に紹介はできませんが、どの先生たちも自分の担当部署で学校再開に向けて生徒の皆さんがスムーズに元の学校生活を取り戻せるように準備を進めてくれています。

 生徒の皆さんも家での生活にメリハリをつけ、3日間の登校日以外の日も夜更かしや朝寝坊をせず生活リズムを取り戻していきましょう。

 保護者の皆様もご協力よろしくお願いします。

 

お知らせ

朝雲(学校だより)5月号を掲載しました。What is 西条西中学校 からご覧ください。

登校日

 

 「分散登校」とはいえ、やっと生徒たちが学校で学習できる日が戻ってきました。

今日は本来なら年度初めに行わなければならない「身体計測」を全校で学年別に実施しました。

なお、次の登校日からはこれまでの課題の点検や確かめなどの学習をおこないつつ、完全実施への準備期間として徐々に自分たちのペースを取り戻していきたいと思います。

そして「コロナにかからない、うつさない」生活様式を身に付けながら、このコロナと戦う力を培っていきたいと思います。

3時間以内という期限付きの滞在時間の活動を終え、下校についても学年ごとに時間差をつくり、お互いが密にならないように気を付けて帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

 本日の中村県知事の新型コロナに対する会見で、臨時休業は5月24日(日)まで延長するものの、学校の再開については一歩踏み出し、分散登校を実施するという方針が出されました。

 これを受けて、西条市でも臨時休業の期間が5月24日(日)まで延長されますが、中学校では、週3日間の登校日が設定できることとなりました。

 それにともない5月11日(月)は登校日としますが、当初の予定を変更して、今後の登校日についての説明や身体測定を実施します。

8:05までに体操服(夏用、寒ければ冬用を上に着る。)で登校してください。11:00頃下校の予定です。

<持ってくるもの>
コンタクトレンズ・眼鏡(使用者のみ)
筆記用具
あゆみ
課題 等

 ※<以降、13日(水)15日(金)18日(月)20日(水)22日(金)を登校日とします>

お知らせ

保護者の皆様へ

 先日、西条市教育委員会より5月10日まで臨時休業を延期するとの連絡がありましたが、日々刻々と情勢が変化しており現場も対応に苦慮しているところです。

 本日も中村愛媛県知事が5月8日に新たな局面(11日からの経済活動自粛の緩和等)の判断を出すことから、それを受けて5月11日(月)を登校日にするよう市教委より市内小中学校に指示がありました。

 しかしながら、経済は自粛を緩和されても11日から学校を再開するまで踏み込むのかどうかは予断を許さない状況です。

 そこで、本校では11日に学校再開となった場合と、臨時休業が再延長になった場合のどちらにも対応できるように、本日全校生に下記のプリントを配布しております。

 どうぞ、ご確認ください。

 よろしくお願いします。

保護者の皆様へ

保護者の皆様へ

西条市新型コロナウイルス対策会議の協議により、小・中学校の授業再開は県立高校に準じて5月11日(月)になりました。

5月7日(木)は登校日といたします。生徒の皆さんは、普段通り8時5分までに登校してください。

1校時は学活を行って9時30分頃に下校予定です。

「休校中のしおり」を見て、課題などの提出物がある場合は準備してください。

部活動はありません。

以下に西条市教育委員会よりのおしらせを掲載しておきます。

長い自粛が続きますが、国民の総力を結集してこのコロナウイルスに打ち勝つため共に闘いましょう!

 

登校日

 久々に子どもたちの元気な声が校舎に響き渡りました(*^^)v

「3密」防止のため1時間ずつの時間差での学年別登校でしたが・・・

やっぱり学校には子どもたちが一番似合います!!!!!

笑顔いっぱいの子どもたちの姿に元気いっぱいもらいました!(^^)!

一日も早い日常の回復を祈りつつ、再開への準備を整えたいと思います!!!!!

 がんばるぞ~!! オーッ(@^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨時休業を有効に生かして

臨時休業中、この状況を逆手にとって子どもたちと再会できる日に役立てようと校内研修を行いました。

コロナウイルス感染対策のため研修は「3密」を避け全員マスク着用の上、学年団ごとに分かれて行いました。

愛媛県総合教育センターの「指標確認シート」を活用し、特に若年教員の多い現場に役立つ内容の研修でした。

生徒の皆さんも、今の状況をプラスに変えられる逆転の発想を勧めます。

たとえば、昨年度に行われた学校評価では西中生は学校生活のあらゆる場面で満足度の高い結果が出ていました。

とてもありがたいことです。

しかし、生徒、保護者、教員評価のどれも共通して低かったのが「家庭学習」の定着度でした。

今こそ、その「家庭学習」の定着を図る絶好の機会です。

まずは、休業日前日に配布した「休業中の手引き」をもとに個々人で立てている学習計画をもとに毎日

「決まった時間」

「決まった場所」で家庭学習をする癖をつけましょう。

もしなかなか学習習慣のつきにくい人は、家庭訪問や電話相談の時間に先生に相談してみてください。

 

 

オンライン学習教材の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国的に自宅学習を進めている学校が非常に多い中、英検協会から以下の教材が限定配信されることとなりました。休業期間中の生徒の外国語の学びを支える教材の一部として、お役に立てると幸いです。

http://ur0.work/JuvY        パスワード Eiken365

http://urx.blue/WIsY        パスワード 不要

 内容は、「オンライン外国語授業動画」と「補修用ワークシート」で期間限定で無料配信されています。ぜひご活用ください。

 

進路説明会・部活動懇談会

  本日、進路説明会と部活動懇談会を実施しました。

 本来は授業参観とPTA総会も行われる予定でしたがコロナウイルス感染対策で「3密」を避けるため授業は参観なし、

3年生の進路説明会並びに部活動懇談会については保護者のみとし、PTA総会は書面決議に切り替えることとしました。

 明日から学校は全国一斉の休業となりますが、不要不急の外出を控えコロナウイルス感染の収束に一人一人が自分ごとと

して真剣に取り組んでいかなければならないと思います。

 各御家庭、地域で子どもたちを見守っていただきたく、よろしくお願いいたします。 

<進路説明会その1>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<進路説明会その2> 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<部活動懇談会その1>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<部活動懇談会その2>

マスクの寄贈(^_^)v

西条市内の事業者の方から、市内の全小・中学生のみなさんにマスクをいただきました!!

 

本日、各家庭に持ち帰ってもらいます(*^-^*)

 

地域の方の温かい思い に、あらためて深く深く感謝申し上げますm(__)m

本当にありがとうございました。

 

進級テスト

 新学期が始まり、毎年恒例の「進級テスト」が行われました。

2・3年生は慣れたものですが、1年生にとっては生まれて初めての準定期テスト

教室を覗いてみると「ピーン」とした緊張感が漂っていました。

 小学校にはない、これぞ中学校という緊張感

中学校はこのように年間を通じていくつかの節目があります。

この節目を一つ一つ乗り越えるごとにたくましくなっていくのが中学生

 やがて1年生も、2年生、3年生のように貫禄がついてきますのでお楽しみに(*^^)v

 

<1年1組>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<1年2組> 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<2年1組> 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<2年2組> 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<3年1組> 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<3年2組>

生徒会オリエンテーション

 始業式、入学式も無事終わり、今日から普通授業が始まりました。

 まずは1年生に中学校とはいかなるところかを理解してもらうために生徒会オリエンテーションが行われました。

 毎年生徒会オリエンテーションは体育館で実際の活動を見ながら説明していますが、今年度はコロナウイルスの問題のためにやむなく放送で対応することになりました。

 生徒会の皆さんは体育館でできないという課題に対する解決の方法として各クラスの電子黒板を使って全校生徒に分かり易いように解説する工夫をしてくれました。

 今年はいろいろな行事でこのようにこれまで当たり前にやっていたことができなくなります。

 しかし、今日の生徒会がそうであったように、様々な課題をみんなの知恵を出し合って克服していって欲しいと思います。

 それができるのが中学生です。

 小学校では先生や保護者の方が手取り足取り、いろいろな世話を焼いてくれていたと思います。

 しかし、中学校では何でも自分でできるようにならなければなりません。これを「自立」といいます。

 そして「自立」するために乗り越えてほしいのが親の存在です。これを「親離れ」といいます。

 この中学3年間で、1年生の皆さんには是非一日でも早く「親離れ」をして「自立」してもらいたいと思います。

 3年間で見違えるように大人になる皆さんの成長を楽しみにしています。

  そんな厳しくもあり、楽しみもある中学生活を生徒会の皆さんがしっかりと伝えてくれました。

 生徒会の皆さん、ご苦労様でした。これからもどうぞよろしくお願いします(*^^)v 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入学式

  令和2年度入学式が厳粛に挙行されました。

 最初に校長先生の式辞があり、校長先生のモットーである「凡事徹底」について新入生に分かりやすく過去の先輩の偉業を紹介しながら説明されました。また「凡事徹底」が部活に生かされるだけでなく、コロナウイルス対策として「免疫力」を身に付けることにもつながることを強調されました。

 そして各家庭でも家族で相談して3年間を通して毎日毎日「誰にでもできることを、誰にもできないくらいやりつづける手伝いを決めましょう。」と提案されました。

 続いて在校生を代表して生徒会長の3年生越智さんが歓迎の言葉を述べました。中学生活の楽しさと厳しさについてわかりやすく紹介をしてくれました。

 最後に、新入生を代表して小倉君が誓いの言葉を述べました。新入生らしい初々しさと少しの緊張感を持ちつつも、しっかりとした口調でとても頼もしく思える堂々とした誓いの言葉でした。

 縮小版とは言え、とても厳粛な良い入学式になりました。保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新任式・始業式

 本日、いよいよ令和2年度がはじまりました。

まず、新任式で9名の転任してこられた先生方にご挨拶をいただきました。

続いて始業式が行われ、校長先生の式辞では新型コロナウイルスに関して

人が持つ免疫システムを最大限に発揮するために日常の規則正しい生活を守ること

ウイルス感染防止のために液体石けんによる手洗いとうがいの励行が伝えられました。

そして、これまで西中がハンセン病問題で学んだことを基に西中だからこそできること、西中にしかできないことを創造していこうと呼びかけがありました。

続いて、生徒代表による誓いの言葉では3年生の秋山さんが今年度一年の夢と希望を語ってくれました。

久しぶりに顔を合わせてうれしそうな生徒の皆さんの様子にホッとすると同時に、今年度のこれからのコロナウイルスとの未知なる闘いを前に気の引き締まる思いでした。 

                                                           

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西中校舎守備隊三銃士!!!!!

 

春休み中も先生たちは学校を守るために毎日出勤してくれています。

そして新学期をスムーズに迎えるために教材準備、年間計画、行事準備等々、様々な準備をしてくれています。

今日紹介するのは校舎守備隊三銃士!!!

彼ら3人は校舎に人影が少ない今の時期を狙って校舎に巣くうツバメやスズメの警戒にあたってくれています。

ツバメは「益鳥」といって害虫を食べてくれるのですが、校舎に子どもたちが頻繁に出入りする玄関やなにより清潔を第一とする給食室周りに巣を作りたがるのが困りもの(>_<)

この若き三銃士は日々校舎を見回り、子どもたちの学校生活に支障をきたす場所に巣を作っていないか点検し、営巣を始めた場所があれば撤去します。(巣を作ってヒナが生まれたら動物保護の観点から撤去できなくなります・・・)

だから、一番いいのは寄りつかなくなってくれること!!

今回三銃士は鳥よけの細工を工夫し、釘一本打つことのできない校舎に取り付けるために

新兵器「突っ張り棒」を手に入れ、細工の設置に成功しました(^_^)v

これで今春は巣作りに頭を悩まされずに済みそうです。

三銃士の皆さん、ご苦労様でしたm(_ _)m

卒業証書授与式

本日、令和元年度卒業証書授与式が落成間もない新体育館で厳かに挙行されました。

今年はコロナウイルス問題のために卒業生と保護者そして在校生代表のみの参加となり

座席も1m以上離して設定されたため、これまでの卒業証書授与式とはまるでちがう形となりました。

それでも卒業生はこれまでの3年間を締めくくるにふさわしい堂々とした態度、大きな返事、大きな歌声で

見事な式を創り上げてくれました。

愛媛県一を誇る新体育館のこけら落としにふさわしい素晴らしい卒業証書授与式となりました。

卒業生の皆さん、末永くこの西条西中学校の卒業生であることを誇りに自らの進路をしっかりと進んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年度 西条市立西条西中学校 卒業証書授与式 式辞

    本日めでたく西条西中学校を卒業する53名のみなさん、卒業おめでとう。

 只今みなさんに卒業証書をお渡ししました。一人一人、3年間の思いが頭の中をめぐっていることでしょう。

 今年度はコロナウイルスの問題によって未曾有の全国の小中高校臨時休校措置がとられ、このような卒業式となってしまいました。卒業生の皆さんには本当に申し訳なく思っています。

しかしながら今年は西中の歴史にとって記念すべき年になりました。それはこの体育館の完成です。

そして体育館落成後、初の学校行事がこの卒業証書授与式です。今日の日は西中学校沿革史という永久保存が義務づけられている記録に末長く残されることになります。

 2年前、東門の解体から始まった体育館建設の全行程を見てきた卒業生のみなさんには、是非「感謝」という言葉を忘れないで欲しいと思います。

 その理由を語る前にまず、この体育館はどこに出しても胸を張って紹介できる「愛媛県一」の施設であることを伝えておきたいと思います。そしてそんな素晴らしい体育館は、沢山の「感謝」の積み重ねによって生まれたものなのです。

 まず私から卒業生のみなさんに「感謝」の言葉を贈ります。

 みなさんのおかげでこの素晴らしい体育館ができました。本当にありがとう。

 なぜ、体育館の工事をしてもない皆さんに私がこの言葉を贈ったのか。それは、これまで一番苦労をかけた学年だからです。文化祭のバザーが中止になり、体育大会も運動場が使えず西部公園で開催しました。駐輪場も場所が変わり、運動場へ出るのも不便でした。そんな苦労を背負ってくれたのが卒業生の皆さんでした。我慢に我慢を重ね、様々な約束を守り、制約だらけの文化祭や体育大会を例年以上に盛り上げ、工事に協力してくれた皆さんのお陰でこの体育館ができたのです。

 これは私だけでなく、工事に関わった建設会社の皆さん、教育委員会を始め市役所関係部署の方々の共通した思いでした。そして、いつしか「卒業生を絶対にこの新しい体育館で送り出そう!」そして、「西条一いや愛媛県一の体育館にしよう!」ということが大きな目標となり、関係者全てが「ONE TEAM」となっていったのです。

 皆さんも知っての通り、この2年間は掘っては埋め、埋めては掘るという、毎日が工事、工事の連続でした。授業中も工事の騒音や振動が気になり、地面がぬかるんで歩きにくかったり、そればかりか埋設してある水道管が破損したり、停電したり、ガスが止まったり、沢山のトラブルにも見舞われました。しかし、何か不都合が起こっても、それを決して隠したり、後回しにしたりせず、「報告」「連絡」「相談」を通して関係者が皆で問題を共有し合い、すぐさま対応し、解決していく、そんな日々の積み重ねがこの「ONE TEAM」を生み出していったのです。

 工事関係者の皆さんにも「感謝」の気持ちで一杯です。

 私は、この間の苦労や感謝の気持ちを1月号の学校だより「朝雲」に掲載しました。すると偶然その朝雲が工事関係者の目に留まり、次から次へと関係者の手を渡って行ったのだそうです。ある日工事の打ち合わせに来た方が「先生、この体育館をこんなに高く評価してくれてありがとうございます。これからももっともっと頑張って最高の体育館に仕上げていきます。」と感謝の言葉を口にされ、カバンから朝雲のコピーを取り出して「これを読みました。本当にこれまで苦労したことが報われる内容でした。」と言ってくれました。

 このように「感謝」の気持ちは人を動かし、人と人をつなげ、物事をプラスの方向に動かしていく原動力になるのです。皆さんがこれから自分の進路を歩んでいく時も是非この「感謝」の気持ちを忘れないでください。そうすれば皆さんの前途には明るい未来が必ずやってくると信じています。

 さて、保護者の皆様、本日はご卒業、誠におめでとうございます。お子様は元気に中学校の課程を終えることができました。一重に皆様方のご支援とご協力の賜物と深く感謝申し上げます。

 西条西中学校教職員一同、今後のお子様のご活躍とご多幸を願ってやみません。これからもずっとお子様を応援いたします。

 結びに、卒業される53名の皆さんの大きな可能性と限りない未来を祝福し、式辞とさせていただきます。

                令和2年3月17日          西条市立西条西中学校 校長  河野 克典 

 

お知らせ

 

1,2年生は、3月17日(火)には登校しません。次の登校日は、3月25日(水)8:05の予定ですが、状況によっては、変更する場合もあります。そのときはまた連絡をします。

 

3年生登校日<公立高校入試前日指導>

いよいよ明日、明後日は公立高校入試です。

今日は前日指導に3年生の受験生のみ登校しました。

武道館に全員が集まり、<コロナ対策で間隔を開けて> 

受験指導を行いました。

まず、校長先生から受験生にアドバイス。

44年前のご自身の受験日におこったハプニング(?)を紹介され、「明日受験会場に入って、もし頭が真っ白になってしまったらこの話を思いだしてください。そうしたらこの話が鍵となって普段の自分に戻ることができます。」とおっしゃいました。

つづいて進路指導担当の西浦先生から受験の心得について注意があり、その後受験校別に分かれて引率の先生と

                              の細かい打ち合わせが行われました。

普段の力を出し切れば大丈夫!!!

受験生の皆さん、頑張れー(^_^)v

臨時休業中の家庭学習について

 臨時休業中も、生徒のみんさんは家庭学習に励んでくれていると思います。

 下記の学習支援サイトを紹介しますので、ぜひ利用してみてください。特にeライブラリのドリル学習は取りかかりやすいので、まずはやってみましょう!

 

 eライブラリ←クリックしてください。 

 中学校における学習支援コンテンツ (令和2年3月4日時点)←クリックしてください。

臨時休業中の予定について

 新型コロナウイルス感染症による臨時休業により、生徒のみなさんや保護者の皆様にご心配をおかけしております。

 令和2年3月5日(木)時点ですが、今後下記のとおり対応いたしますので、よろしくお願いいたします。昨日、松山市にも感染者が出たことで、今後の対応が変わる可能性があります。その際は、学校ホームページや連絡メールでご連絡いたしますので、ご理解・ご協力くださいますようお願いいたします。

 なお、発熱等の風邪症状が見られるときは、学校を休み外出を控えるとともに、学校に登校するときには、マスク着用をお願いします。

 

① 3月10日(火)3年生受検指導

 ・ 県立高校入試受検者は、8:05までに登校してください。

 ・ 受検指導、面接練習をして10時頃に下校する予定です。

 

② 3月13日(金)1、2年生登校日

 ・ 8:05までに登校してください。

 ・ 健康観察等を行い、学年・クラスごとに活動し、10時頃に下校する予定です。

 

③ 3月16日(月)3年生卒業式練習

 ・ 8:05までに登校してください。

 ・ 卒業式の練習や学活を行い、12時前に下校する予定です。

 ・ 配布物を持って帰れるように、カバンや補助バックを持ってきてください。

 

④ 3月17日(火)卒業証書授与式

 ・ 3年生は、8:05までに登校してください。

 ・ 在校生は、送辞やピアノ伴奏者のみになります。(その他の在校生は登校しない。)

 ・ 来賓は、参列せず、教育委員会告示のみになります。

 ・ 卒業生、保護者など式参加者は全員マスクを着用する。

 

⑤ 3月25日(水)修了式(1,2年生)

 ・ 8:05までに登校してください。

 ・ 修了式、学活等を行って、10時すぎに下校する予定です。

 

⑥ 3月27日(金)離任式(今のところ実施予定)

 ・ 在校生は8:45までに教室に入ってください。

 ・ 卒業生は8:55までに体育館に入ってください。

 

※毎日検温をしていると思いますが、次の症状がある方は、西条保健所(0897-56-1300)や帰国者・接触者相談センター(090-9770-8496)にご相談ください。
 ・ 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
 ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

 

【参考資料】

 新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために.pdf

 家庭内でご注意いただきたいこと.pdf 

 

学年末テスト(1日目)

本日から1・2年生は、学年末テスト、3年生は、県立高校入試直前テストが始まりました。

その様子を掲載します。